スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ガジュラ

久しぶりに、B級映画を軽く紹介します☆
その名も『ガジュラ』です。

ん??

何か、似たような名前を聞いたことあるような……

と思った方、




大正解です。

まあ、とりあえず、見ていきましょうか。



あらすじ
海洋生物学者のジャックは、息子のブランドンを連れ、
地震が及ぼす海洋生態系への影響を調べるために太平洋に浮かぶ島マラウへとやって来た。

島の海辺には、ここ最近、変死体が打ち上げられている。
島で知り合ったヘイル博士と協力し調査を始めるジャック。

ブランドンは一人待ちぼうけを食らい、暇潰しに島を探検していた。
そんなブランドンの前に、一匹の奇妙な生物が現れる。
恐竜の赤ん坊のような姿をした生物は、すぐブランドンに懐き、
彼はその生物と共に楽しい時間を過ごす。

しかし暫くすると、島の浜辺にその生物の家族と思しき巨大怪獣が次々と現れ、
島中をパニックに陥れていく……。






とは言うものの、原題は『ガルガンチュア』です。
『ガジュラ』という単語は、映画のどこにも出てきません。

というのもコレ、
ハリウッド版ゴジラが劇場公開された頃に
ビデオリリースされたので、

まさか……












『ガルガンチュア』+『ゴジラ』=……(´ヘ`;)……





という感じですわ




監督は、『アステロイド/最終衝撃』の人。
まさに、ですね笑



島を襲う巨大ガジュラと軍隊の闘い、
少年と小さなガジュラの交流、

という、二つの物語が絡んでいます。


ちなみにガジュラは、
海に廃棄された農薬の影響で、
変貌し巨大化したカエルだそうです。

ゴジラがトカゲなら、ガジュラはカエルなのでしょうか。

カエルだからなのか知りませんが、
怪物のCGは、やたらツルツル。
ちょっと気持ち悪いというか酷いというか、
なんか、切ないです。



物語は、
バラバラだった怪物一家の再会、
ジャックとブランドンの絆の再生と、
どこかハートフルな話にしようとしている部分がありました。

ラストは、まあ、そこそこといった感じです。

家族で見るB級映画ですね(´ー`)



家族愛に涙しやすいという方は、ポチポチとお願いします☆
  にほんブログ村 映画ブログ B級映画へ  ブログランキング・にほんブログ村へ

テーマ : B級映画 - ジャンル : 映画

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

       
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。