スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドラえもん 宇宙開拓史の名悪役ギラーミン

ドラえもん、見に行くか悩んでますわ。

『新・のび太の宇宙開拓史』

今回は原作に忠実なリメイクなのか、前回のアニメを意識しているのか。

大事なのは、ギラーミンの扱いです。

敵役であるガルタイト鉱業という会社が雇った殺し屋みたいな奴。

ドラえもん史に残る悪役として有名な彼。

「よけいなあいさつは時間のむだです」

「手ぬるい」

「(わたしの仕事はまだ終わってない。)祝杯はそれからのことにしていただこう」

「わたしはどんな強い相手もおそれない。同時に、弱い相手もみくびらない主義です」


と数々の名言を残し、子供を脅してのび太を裏切らせ、

さらには、

星の爆発間近で、他の悪者は逃げようとしているのに、一人惑星に残って、のび太と一騎撃ちの勝負を持ちかける。

曰く、「スーパーマン…、ノビ太とか言ったな。腕ききのガンマンときいた。おまえと対決できる日を、楽しみにしていたぞ」とのこと。

対するのび太も、「まかせてくれ。なあにまけるもんか」と男らしすぎ。

しかもこの二人、対峙しただけで互いの強さが分かるという、強者。

「このチビ、ただ者ではないな」

「ギラーミンがねらいをはずすなんて、ぜったいにありえない。勝負は最初の一発にかかってる。相手より0.1秒でも早くうつこと……」

そして、他の敵が救命ボートで脱出した音を合図に撃ち合うカッコ良さ。

「おまえの………勝ちだ」と息絶えるギラーミン。

これ、何の漫画?


でも前回のアニメでは、一騎撃ちのシーンは変更され、ギラーミンはあっさり死にます。

まあ多分、ロップル君に親父の敵を討たせたかったんでしょう。

あれはあれでカッコ良かったんですけど。

今回のリメイクではどうなるのやら。


大長編ドラえもん (2) (小学館コロコロ文庫)大長編ドラえもん (2) (小学館コロコロ文庫)
(1995/02)
藤子・F・不二雄

商品詳細を見る

映画ドラえもん のび太の宇宙開拓史 [DVD]映画ドラえもん のび太の宇宙開拓史 [DVD]
(2001/03/14)
大山のぶ代小原乃梨子

商品詳細を見る






どうか応援クリックお願い致します。
  にほんブログ村 映画ブログ B級映画へ  ブログランキング・にほんブログ村へ

テーマ : アニメ - ジャンル : アニメ・コミック

コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

       
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。