スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ロバート・A・ハインライン 『輪廻の蛇』

輪廻の蛇 (ハヤカワ文庫 SF 2)輪廻の蛇 (ハヤカワ文庫 SF 2)
(1982/09)
ロバート A.ハインライン

商品詳細を見る




面白い話を読みました。


かつて女性から性転換した男が主人公です。

まず、その過去が語られます。


1945年。

主人公は、生まれてすぐ孤児院前に捨てられ、そこで育った。

そして1960年。

15歳の少女の時、ある男に暴行され、子供を産んだ。

けれども、その赤ん坊は誘拐され、行方不明に。

主人公は潜在的に両性具有者だったために性転換し、

1970年。今に至る。


主人公は自分を暴行した男を捕まえるため、

航時局員と共にタイムトラベルして1960年の過去に。


まあ、ここまでくれば、たいていの人は分かると思うのですが、

そこで主人公は、成り行きで、孤児院育ちの少女を……


とまあ、これが、この小説のオチだろう、

ゆるい話だな、と思っていたのですが。


その後、主人公と別行動していた局員は、

ある病院から一人の赤ん坊を誘拐し、

1945年に向かうと、とある孤児院の前に置き去りにする。


父と母と子が、すべて自分自身というこの構図……!!

何それ!


その上、実は局員もまた、歳を経た主人公で、

自分自身を成り立たせるために、子を誘拐したのだと分かる。


男である自分が少女である自分を襲い父となり、

少女である自分が男である自分に襲われ母となり、
赤ん坊である自分を産む。

局員である自分が赤ん坊である自分を誘拐して過去に連れ去る。


自ら閉じることで成立する、自己完結的な輪廻の輪。


タイムパラドックス・テーマの究極と言われる作品だそうで。


輪廻の蛇 (ハヤカワ文庫 SF 2)輪廻の蛇 (ハヤカワ文庫 SF 2)
(1982/09)
ロバート A.ハインライン

商品詳細を見る




どうか応援クリックお願い致します。
  にほんブログ村 映画ブログ B級映画へ  ブログランキング・にほんブログ村へ

テーマ : 本の紹介 - ジャンル : 小説・文学

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

       
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。