スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008年春頃の新作映画を振り返って

最近、新作映画で、
ヤベェ!これ面白ぇ!!
ていう傑作に出逢えないですね~。

一番最後に出逢ったのは、
ちょっと前に劇場まで見に行った、『サンシャイン2057』ですね。
一般的には不評だったみたいですが、俺は大好きでした。

『ライラの冒険』は、オーソドックスというか、
可もなく不可もない作り方で、
嫌いじゃないですけど、好きとは言えないですし。

『L change the world』は、良さがまったく分からず。

『エイリアンズvsプレデター レクイエム』は、
後半の尻すぼみ具合が半端なかったですし、

『アイ・アム・レジェンド』は、かなり残念というか、
傑作になりそうな要素を持っているのに、
どうも惜しい作りをしている印象が強かったですね。

『クローバーフィールド HAKAISHA』は、
中では面白かったほうですが、
どちらかと言うと、アトラクション的な、
アミューズメントパークのような愉しみでしたので、
映画として、そこまで面白いかと言われればそうでもなく、
話もB級映画としては普通の内容でしたし。

『NEXT ネクスト』は、
アクション・ロマンス・サスペンスのバランスが悪かったです。
おかげで、何もかも宙ぶらりんな、
中途半端な印象を受けました。

『30 Days of Night』は、
前半はかなりワクワクさせられましたし、
後半も特に悪くはないんですけど、
どことなく不自然な感じが全体にまとわり付いていて、
話も地味でした。

『ドラえもん 緑の巨人伝』は、
話としてはそこまで面白くなかったです。
でも演出の面でいい場面もありましたし、
そんなに悪くもなかったです。
内容が濃かったので、なんとなく面白く見れましたし。
時間が足りなかったことは明らかですので、
三時間くらい与えてあげて作ってもらえば、
それなりに面白くなるんじゃないでしょうか。
時間なさ過ぎて、
伏線を用意できなかったり、回収できなかったり、
という部分が多く見られました。
裏側に垣間見える、スタッフや脚本家の頭の中にあったであろう
全体像を思い浮かべると、かなり面白そうだと思いますし。
惜しいですね。


ロメロのゾンビ映画最新作『Diary of the Dead』、
スペイン発のゾンビ映画『REC』も鑑賞しましたので、
近々レビューしたいと思っています。



……近々レビューしますっていう映画が、
溜まってしまってますね。。

できる限り早くアップしたいとは思ってます。
すみません。


皆さんは、最近、面白い映画には出逢えましたか??




オススメの映画などありましたら、教えてください。
応援クリックいただけましたら幸いです。
  にほんブログ村 映画ブログ B級映画へ  ブログランキング・にほんブログ村へ

テーマ : 映画館で観た映画 - ジャンル : 映画

コメント

No title

ロメロ最新作はぜひレビューしてほしいです!観てないもので・・・。初めて題名見た時、「ロメロゾンビはどこまで進化していくんだ・・」とちょっと衝撃受けました。良い意味で。
私も2008年はまだ 傑作作品! というのが無いですよ。後半抜かせば「アイ・アム・レジェンド」が傑作ですけど。

No title

アイ・アム・レジェンドの前半は、かなり良かったですよね。
俺も見ていて、「お、これは」と思いました。
別エンディングバージョンがあるということで、DVDの発売を楽しみにしています。
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

       
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。