スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Oblivion クエスト Anvilという町で

Anvilという町にやって来た。

そして、いきなり不吉な噂を聞いた。

教会が何者かに襲撃されたというニュースだ。

早速、教会へと足を走らせる。


ScreenShot24.jpg

ScreenShot25.jpg

ScreenShot26.jpg

ScreenShot27.jpg


まさに惨劇。

酷い有様だった。

思わず口を押さえて外に駆け出た。


だいぶ落ち着いてきて、辺りを見回すと、
広場では、男が演説を繰り広げていた。

ScreenShot23.jpg


何やら叫んでいる。

まだまだレベルの低い俺に出来ることは、何もない…。

空しい気持ちで、その場を去る。


すると、今度はギャング団の噂を聞きつけた。

その退治くらいなら、俺にも出来るかもしれない。

早速、話を聞いてみる。

どうも、男ばかりを狙う、女の盗賊団らしい。

しかし、被害者の男達が、世間体を気にして、被害を訴えないらしい。
だから、なかなか捕まらないわけだ。

クエスト The Siren's Deception (セイレーンの誘惑)

聞き込みを続けていると、ある女性が情報を提供してくれた。

ScreenShot28.jpg

「あんた、女ギャング団のこと調べてるんだって? だったら、聞いとくれよ。
ウチの主人が、ある日、身ぐるみ剥がれて帰って来たんだよ。
まったく口を割ろうとしないんだけど、あれは絶対、噂のギャングどもにやられたんだよ。
ちょっと、主人に話を聞いてみてくれないかい?」

主人に話を聞くと、正直に打ち明けてくれた。

女ギャング団とは、港にあるThe Flowing Bowlという酒場で出会ったらしい。

行ってみると、それらしき奴らを発見。

ScreenShot29.jpg

「お兄さん、素敵ね。その……良かったら、今晩11時に私の家に来ない?
町を出たところの丘にあるの。地図を渡しておくわね。
絶対来てね。待ってるわ」

釣れた!

地図を頼りに家を訪ねる。

ScreenShot30.jpg


ここのようだ。

約束の時間まで、あと一時間ある。
その間、夜空でも……おや?

ScreenShot31.jpg

急に降り始めた雨。

何かを予告しているような、悲しげな雨……。


約束の時間になり、彼女がやって来る。

「こっちへ来て」

もちろん、そのつもりはない。

「男たちから盗んだものを返すんだ」
「え? あんた…衛兵の回し者かい。ちぇっ。悪いけど、消えてもらうよ。
あんたたち! 手伝っとくれ!」

ScreenShot36.jpg

襲い掛かってくるギャング団。

「よせ、おとなしく盗んだものを返すんだ! そうすれば、軽い罪で──」
「うるさいな!捕まったら、何もかもおしまいなんだよ!!」

三人の女達は意外と強い。

殺される──

死への恐怖からか、それとも苛立ちからか。

思わず剣を強く振るう。

ScreenShot34.jpg

力なく崩れ落ちる女ギャング。

ScreenShot33.jpg

「ちぇっ……やられちゃった……
あんた、近くで見ると……本当にいい男じゃない……
もったいないこと……した…かな……」

息を引き取るギャング。

何も言えず立ちすくんでいると、衛兵が二人、家に入ってくる。

「あんた達は──」

ScreenShot38.jpg


二人は、情報を提供してくれた夫婦だった。

「私達は衛兵で、あなたを囮捜査に利用させていただきました。申し訳ありません。
ですが無事、ギャングどもを始末できました。全て解決です。お礼を言います」

解決? すべて?

本当にそうだろうか……。

こんなものが、解決と呼べるのだろうか?


衛兵の許しを得て、アジトの地下室へと降りてみる。

そこには、少量の食料や衣服が散乱していた。

その中に、一枚の手紙が大事そうに置かれていた。

ScreenShot37.jpg


これは……

これは、ギャング団の誰かが、どこかにいる男性に宛てたものなのだろうか。

もしかして、ギャング団のうちの一人は、
この男性と一緒になるために、お金が必要だったのだろうか?


やりきれない。

満足そうな衛兵を押しのけ、俺は帰路に着いた。



ちょっと切な系でした。
応援クリックお願いできますでしょうか。
  にほんブログ村 映画ブログ B級映画へ  ブログランキング・にほんブログ村へ

テーマ : Oblivion - ジャンル : ゲーム

コメント

おお~!

まずはランキング1位おめでとうございます。

これはRPGのゲームでしょうか。
すみません、ちんぷんかんぷんでして。(^^ゞ
3枚目の画像ですが、仰向けに浮かんでいて妙に惹かれました。

No title

ありがとうございます!

一種のRPGです。
昔の記事で紹介してますので、興味ありましたらどうぞ~。

No title

じっくり拝読してみますね。
ありがとうございます。

日が変わったので応援ぽちっ

No title

日替わり応援クリックありがとうございます!
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

       
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。