スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

The Ship

ship-2009-03-17-19-06-26-78.jpg

豪華客船内で繰り広げられる騙し合いの心理戦。

まさにライアーゲーム。


このゲームは、マルチプレイ前提のゲームで、人間同士の腹の探り合いを楽しめる珍品だ。


ship-2009-03-17-19-04-37-10.jpg


プレイヤーは密閉空間である豪華客船の乗客となる。

同じ船にいる乗客を1人、殺害するように指示を受けるのだが、

その相手については、名前と大体の位置しか教えられない。

すべての乗客が、殺害相手を定められており、誰かの殺害目標となっている。

つまり、プレイヤー自身も、誰かの標的となっているわけだ。

初対面の乗客達を相手に、誰が自らの標的で、誰が自らを狙う相手なのか探り、

誰にも見られないよう、暗殺を成功させなければならない。


ship-2009-03-17-19-06-20-28.jpg


またプレイヤーには、時間や行動によって生理的欲求が沸くように設定されており、

食事や睡眠、トイレに行くことなどが要求される。

このシステムによって、一カ所に留まって安全に過ごすという行動は不可能になっている。


暗殺を成功させれば、報酬が手に入る。

この報酬は、レアな武器を使えば使うほど、高く入る仕組みだ。

誤殺してしまうとペナルティが入るため、それを誘導するのも戦略の一つとなっている。


ship-2009-03-17-19-07-23-00.jpg


ゲームが始まると、各プレイヤーにはランダムで名前や外見が与えられる。

この時点では何も所持しておらず、武器などは自ら動き回って探さねばならない。


ship-2009-03-17-19-04-25-68.jpg


時折、標的の位置が示されるが、少し古い情報が与えられるので、

そこへ向かっても、さっきまではいたが、既にいないという状況が多い。

また、乗客は何名もいるので、名前を知るために、会話などをして探り合わなければならない。


ship-2009-03-17-19-03-28-01.jpg


だが、肝心の標的を見つけたとしても、あからさまに後をつけたりすると、

バレて返り討ちに遭ってしまう。

何食わぬ顔をしながらも、さりげなく忍び寄り、暗殺を成功させる面白味がある。


ship-2009-03-17-19-08-07-92.jpg


あまりに多く武器を所持することにも、デメリットが存在する。

というのも、警備に怪しまれて捕まった際、武器を持ちすぎていると刑罰が重くなるのだ。

この警備も、実は買収してしまうことだって可能で、近くにいれば安全というわけでもない。


ship-2009-03-17-21-51-50-31.jpg


マップや対戦モードは数種類存在し、乗客の数も変更可能だ。

人間相手の他に、AI相手に遊ぶこともできるが、やはり人間が何名かいないと面白くない。

AIは意外と脈絡のない行動をしたりして、時に人間臭い行動をしてみせるので、

人間プレイヤーの隠れ蓑には良いが、全員がAIでは、やはり探り合いに緊張感が足りない。


まあ、それでもそこそこ楽しめてしまうから不思議ですが笑


ship-2009-03-17-22-26-09-31.jpg


あまり乗客の数を増やしすぎても、アサシンクリード状態になる。

10~20くらいが丁度良いか?


ship-2009-03-17-22-25-43-45.jpg


それは疑心暗鬼の世界。


ship-2009-03-17-22-30-48-35.jpg


マップは一応、数種類存在。

多くはないが、毎回、異なった展開になるため、飽きにくい。


ちなみに、画像では全部、英語となってますが、

普通に日本語でも遊べますので、その辺は御安心ください。


知名度はやや低いが、なかなかに面白い珍品ゲームです。


The Ship (輸入版)The Ship (輸入版)
(2006/09/29)
Windows XP

商品詳細を見る




どうか応援クリックお願い致します。
  にほんブログ村 映画ブログ B級映画へ  ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサーサイト

テーマ : ゲーム - ジャンル : ゲーム

       
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。